読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

2つの夢

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

 

結婚する前から私には夢があった。

 

1つは

人助け出来るかもしれないリサイクルショップを持ちたい。

 

日本は断捨離という言葉が出来てから、使える物もボンボン捨てる風潮にある。

 

それはそれで良いけれど、あなたの要らないが誰かの必要なのかもしれない。

 

リサイクルが進めばゴミも減り資源を大切に出来る。

 

だからリサイクルショップ

 

普通に売買する物プラス、私のこれをあげるから代わりにこれをくださいというシステムもいいかもしれない。

 

リサイクルショップの中に小さなライブラリーとデリコーナーを作る。

 

ご飯食べたら本を読めるところ。

 

デリのメニューは野菜中心のもの。

 

アラブのサラダ、タップーレやひよこ豆のペースト、フムスと全粒粉の手作りパン、あとスパイスから作った辛くないカレーとかね。

お年寄りから安心して子供まで食べられるメニュー。

 

一人ぼっちのご老人も鍵っ子の子供たちもそこでご飯を気軽に一緒に食べられるスペースがあったらいい。

 

そんなお店をやりたいとずっと考えてきた。

 

この夢は近日叶いそうだ。

 

そしたらまた別の夢が増えた。

全くもって欲張りな嫁だ。

 

 

うちのイケメンはリサイクルに関連しているビジネスをしている。

 

日本の中古の自転車、車、オートバイ、大型電化製品などを輸出している。

 

そのお陰で私のリサイクルショップの夢も見えてきた。

 

 

たまに食器や家具のオーダーも入る。   

 

お店はまだだけど、リサイクルショップの流通経路の確保が出来た。

 

コンテナは月に2回、イラク

 

あとは1回ずつかな、ソマリアやスエーデン、オーストラリアへ。

 

イラクへ出すコンテナには

 

寝具、タオル、服と靴を集めて入れている。

おもちゃや売り物にならない食器とかも、お客様が買った商品とは別の箱に入れてドネーションと書く。

これらはイラクの戦争被害者、イラクへ逃げて来ているシリア人の戦争被害者の方々への寄付。

 

ソマリアに出すコンテナには洋服と文具を集めて入れている。

ソマリアも大勢の子供たちが食事もまともに出来ない毎日を送っているそうだ。

 

夫とイラク出身で現在はオーストラリアにいる友人は2人で戦争被害者の女性のために中古のミシンを集める運動をしている。 

 

オーストラリアの友人はドネーション集うのとプラニングをしていて、うちのイケメンはミシンを探し集めている。

 

戦争被害で夫を亡くしたシングルマザーが子供がいても縫製の仕事なら出来るから、そのようなシステムを作りたいと2人で考えたそうだ。

 

もう1つの夢はその戦争被害者の未亡人を助けるシステムのためのファンデーションを立ち上げること。

 

このファンデーションで別の女性が1人立ち出来るシステムも考えた。

 

戦争被害で親を亡くした施設にいる女の子たちが1人立ちして食べていける教育を何かしたい。

 

イラクには売春婦なんていないけれど

将来、もしかしたらね

アメリカに支配されつつあるイラクが本来のイラクではなくなってしまい

彼女たちが仕事がなく食べるものもなくなったとき身体を売るという世界の貧困層の流れにならないように手に職という自分を守る術を何か教える仕組みを作りたい。

 

インシャアッラー、神の意志ならば叶うよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする