読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

インシャアッラー

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

 

 

アラビア語で「インシャアッラー」という言葉がある。

 

アッラーという言葉は大体の人が聞いたことがあると思う。

 

アッラーとはアラビア語で神様のことを言う。

 

アラビア語はとても美しい言葉で

 

言葉からも国民性を現している。

 

日本語でも言霊というように、アラブの人々は

日常で、できるだけ汚ない言葉を使わないように教育を受けているように感じる。

 

 

まず挨拶、

 

日本語では他人に挨拶するときには

 

おはよう

こんにちは

こんばんは

どうも

お久ぶり

時間によって挨拶が変わったりするけれど

挨拶の内容はその時世や相手との関係を挨拶として発して現している感がある。

 

 

アラビア語の挨拶は

 

アッサラームアライクム」

 

意味は

 

「あなたに平安がありますように。」

 

言われた方は

 

「ワアライクム アッサラーム

 

意味は

「あなたにも平安がありますように。」

 

ありがとうございますとお礼を伝えるとき

 

アラビア語では「シュクラン」というけれど

 

基本、イスラム教徒は

 

「ジャザークム アッラー ハイラン。」と言う。

 

意味は

 

「あなたに神から最上のものが与えられますように。」

 

 話す言葉が祈りとなる。

 

美しいですね!とか素晴らしいですねというのは

 

「マーシャ アッラー

 

意味は

アッラーがつく言葉は神様を指している

「神様は偉大なり!」と

神様によって創られたものはなんて素晴らしいのだろうと賞賛する。

 

ご飯を食べるとき、

手を洗うとき

飲み物を飲むとき必ずいう言葉

「ビスミッラー」(ビスミ アッラー

 

意味は

神の御名においてと訳するかな?

In The Name Of Allahという

 

 

アラビア語の基本の言葉は信仰を基として構成されている感がある。

 

私もまだまだ勉強不足で全然話せていないのだけれど

 

中でもよく使う言葉

 

「インシャ アッラー

 

アッラーは神様のことを指す

 

意味は、

 

「それが神様の意思であるなら成すことが出来ますよ。」

 

 

例えば、あなたと明日、ランチをする約束をしたとします。

 

「インシャアッラー、11:30に渋谷の109の正面玄関で」

 

明日、絶対行きたいと思っていても

急な仕事で行かれなくなったり

自分や家族が急病で行かれなくなったりもします。

 

それがいい神様の導きなら行かれますよ。

 

 

「インシャアッラー、いつかうちのイケメンを書籍化したいです。」

 

それが神様の御目に叶うものであれば 笑

 

「インシャアッラー、京都に桜見に行ってみたいです。」

 

「インシャアッラー、将来は子供は3人くらい欲しいです。」

 

このように使います。

 

イヤなこと頼まれても

 

 

「インシャアッラー、努力します。」

 

やってみないとわからないしね。

 

インシャアッラー

 

この世の全ての出来事は人というちっぽけな存在のものがコントロールできるものではないから

 

大いなる存在

 

神様の手によって起こっているというのは

ずっと小さな頃から思っていたこと。

 

生まれてくる時期や両親は選ばなかったし

 

国も文化も自分で選択することは出来ない。

 

まあ、大人になって自分を再教育したら変えられるだろうけれど

 

三つ子の魂百までとはよく言ったもので

 

なかなか抜けないもの。

 

インシャアッラー、ここに私がいることが神様の意思によって

 

ここに私がしたいと思い出来た事、叶ったことは神様の意思であったと

 

この言葉から感じる

 

インシャアッラー

 

f:id:iamamuslima:20170327021029j:image

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする