読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

うちのイケメンの祖国

うちのイケメンはイラク

 

さて。

イラクと聞いてイメージするのらってどんな国?

 

大体ね

そう聞くと出てくるのは

•戦争
イスラム過激派
•テロリスト
•アイエスとかかな?

旦那がイラク人というとね、大体2人に1人くらいが
「えーーー!!!大丈夫なの?」

と驚きながらの質問。



いまでも聞かれるかな。

 

何が大丈夫なのか、何について大丈夫か聞かれているのかわからないけれどとりあえず

「大丈夫だよ。」と応えている。

 

一度、もうかのリアクション飽きたなと感じて突っかかってみたことがある。

 

「あなたは何について大丈夫かと聞いているの?」と

 

そしたらね

 

「ご主人のご両親やお友達は大丈夫なの?」

と返ってきた。

 

アラブ人が日本を含むアジア人と結婚することに対してかと思ったけれど

この人がそんな細かい文化とか知らないだろうと睨み、もう一度何が大丈夫か聞いてみたとき

「戦争とか」だった。

 

もしうちのイケメンがアメリカ人やカナダ人、イギリスやフランス人であったならこんな質問は受けないのだろうな。

 


夫と知り合う以前、イラクについて考えることなどなかったけれど、私のイラクと聞いて浮かんだものは


メソポタミア文明
石油
サダム政権

サダム フセイン
ディナールとゴールド
戦争

イラクといえば世界で三番目にお金持ちな国

当時、それ以外、あとはサダム フセインの名前くらいしかイラクについて何も知識がなかった

 

 

イラクてどんな国?」と夫に聞いた。

 

イラクは夏は暑くて冬はすごく寒いところ。

北のほうに行けば自然が多くて美しいけれど

自分の育ったところ中心部は砂埃が多くてあまりいいところではないよ。」

 

世界中のみんなが思っている質問だと思うけど

私も聞いてみた。

 

 

「安全なの?」と

 

バグダードは大変だろうね。自分の家族の住んでいるところは年に数回しか爆弾は落ちたことはない。それ以外は安全だよ。」

 

夫曰く、

「自分が子供の頃もイラクはいろんな国と揉めてはいたかもしれないけれど、国民は何の不安もなかったし、人々は親切で謙虚で皆が助け合っているいい国だった。

外国に移り住み自分が育った環境は本当に素晴らしかったと気がついた。

イラク人であることを誇りにすら感じた。

今は全部違う。」

 

サダム政権が終わりしばらくしてからイラクに戻ったとき、人も街も風習さえも変わってしまったそうだ。

 

今のイラクは夫の知っている

夫が生まれ育った愛する祖国、イラクではないそうだ。

 

 

 

未だに残っているかわからないそうだけれど

 

風習

 

イラクでは、誰かがいきなり訪ねてきたとしても必ず家の中に迎え入れなければならないそうだ。

 

トイレを貸してくれと知らない人が来たなら必ずトイレを貸すそうだ。

 

日本なら危ないからタメと言われてきたこと、知らない人を家に入れてはいけないだったよね

 

知らない人を招き入れたことで

日本で起こりうる危ないことがイラクでは起きることがないそうだ。

 

まず、泥棒する人もいなければ誰も泥棒になろうというに人もいない。

盗むや奪うという概念がないそうだ。

 

日本のメディアやニュースではアイエスでレイプされたとか流れてくるけれども

レイプなんて絶対ない。

 

そんな男として恥ずかしい事件を起こす人はいないし、女性が1人で歩き回ることがまずない。

 

男女のことについての規制が驚くほど厳しいこともあるし、男性が女性の嫌がることや傷つけることを出来るイラク人はいないと思うとのこと。

 

何故なら

 

恥と名誉と尊厳を何より重んじる民族であるから。

 

それにね、イラク人はお喋りだから

何かすれば街中全部に自分の名前とその恥を広めることになる。

 

自分だけの恥ならぬ家族まで代々語られるような恥ずかしいことは絶対にないとのこと。

 

 

先ほどのトイレを貸すという風習は

イラク人は立ちションをしてはいけないから、男性も個室で座って用を足す。

野外でなんてもってのほか、例外を除き。例外というのは緊急時。

 

トイレの後には女性も男性も水で性器を洗わないといけない。

 

洗い方の所作も決まっているそうだ。

 

イラク人は日本人のように並ぶ習慣はあまりない。

 

並ぶことは並ぶけれど、女性が先

老人が先

 

食べ物屋で列に20分並んで食べ物を買って戻るときに、その食べ物屋さんに行こうとしている老人に出会えば今買ってきたのを渡して並び直すそうだ。

 

目の前に大きな荷物を抱えて歩いている人がいたら、それを持つのを手伝う。

 

あくまでも同性が基本だけれどお年寄りなら女性へも手伝う。

 

女性は女性同士が手伝うそうだ。

 

レストランでも床屋でも露店でも知ってる人がそこに先にいたとして、その人が自分よりも若ければその人の分まで支払いを済ませて帰るそうだ。

 

逆もまた然り、年上の人が全て払って行ってくれることもある。

 

年金暮らしのお年寄りなどは

支払える能力がある人が支払うまたはお店がお金を取らないとか。

 

愛がある風習だなと思った。

 

昔の日本もきっとこんな感じだったのかもしれない。