うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

いつか ジャナーザ

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

今日、五反田にある日本ムスリム協会で開催されたジャナーザのダルスに行ってきた。

 

 

イスラム教は火葬せず遺体を土葬する。

その、土葬のための準備とやり方のクラスだった。

 

20人くらい、もちろん女子だけ。

 

イスラム教の慣習の勉強会は大体女性は女性だけで男性は男性だけで学ぶことが多い。

 

イスラム教では死後、この世界の物は何1つ持っていけないことを伝えている。

 

物も愛した何かも、人も。

 

だから執着をしても意味がないよと。

 

死後にもっていけるのはこの世で積んだ徳のみ

 

また、自分が行った良い行いを後世の人が継いでくれたならその徳も。

 

このクラスが始まったとき、既に涙ぐんでいる人もいた。

 

生き物として生まれたからには

 

「いつかは絶対死ぬ」ということから始まったクラスだからだろう。

 

私も自分が死んだときにうちのイケメンが硬くなった私をお清めしてくれるすがたを想像したり、冷たくなったイケメンを清めるのを想像したらきっと泣くだろうと思った。

 

 

実際、クラスで遺体の扱い方の段で、10年以上前だけど他界した最愛の父が病院で看護師さんたちに身体を拭かれているときのことが頭に浮かんだとき、泣きそうになった。

 

前の晩に、このクラスに行くことをうちのイケメンに伝えたとき

 

「そんなの行かなくていい。亡くなったらモスクに行けばそこでみんなやってくれるし

手伝うときもやり方をその場で教えてくれるから、前以て覚えていたって、実際やらなければ出来ないよ。」と言われた。

 

アラブ人はそういうクラスなどはなくて

誰か亡くなればそこに参加して覚えていくもののようだ。

 

日本人は真面目だからね。

何でも勉強しておこうとする姿勢がある。

 

今日の勉強会に生後5ヶ月の赤ちゃんを連れて来ていた女性がいた。

 

その方のご主人は1ヶ月前に突然お亡くなりになられたそうだ。

 

美しい奥様と生まれたばかりの赤ちゃんを遺して。

 

自分だったらやりきれないだろうな。

 

でも、私もいつかはこの身体を

 

イケメンとの日々も失う日がくるのだろうなと

 

未練や執着がないよう

 

遣り残し、心残りないよう

 

毎日一生懸命生きないとな

 

準備しておかないとなと

 

思ったクラスだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする