うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

なんで帰ってきたの?

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

大阪の仲良しのムスリマさんが勉強会で東京に来たから

夜は集まれる人は集まってみんなでレストランに行きましょう!と誘われた。

 

そこのレストランは前にネットで見つけてうちのイケメンに連れてってとせがんでみたら

 

「あ、ここ行ったよ、遠いしメニュー少ないんだよね。あと、ここより嫁の作る料理のほうが美味しいよ。」と

やんわり連れて行くのを拒まれたところ。

 

行ってみたいし、何よりムスリマ仲間と集まるとみんな良い人、色々話せて楽しくて幸せだから行きたかった。

 

うちのイケメンは私が夜出歩くのをイヤがる。

コンビニすらも夜は1人で行かせてくれない。

 

勉強会も昼間のはいってもなにも言わない。

夜は終わると迎えに来る。

 

 

直接、夜は出かけるなとか言われたことはないけれど、態度でなんとなく伝わってくる。

 

アラブの男は自分の嫁は家の中にいて欲しいようだ。

 

食事会は19時から

 

食べて終わってお家着くのは22時ぐらいかな?

 

行きたいな、でも大丈夫かな?

 

今日うちのイケメン、家にいたよな。

 

電話してみる。

 

アッサラームアライクム、ねぇねぇ、今日ね

ムスリマシスターたちとお夕飯食べに行きたいの。行っても良い?」

 

低い声で「ワアライクムアッサラーム

え?何処のレストラン?そーなの?本当に行きたいの?わかった。」

 

早々と電話を切られた。

 

……やっぱり、いやなのかしら?

 

何であんな、早々と電話切るんだろう。

 

何であんな低い小さな声で言ったのだろう。

 

気になったから、今日はやめておいた。

 

 

それから電車に乗り小一時間くらいして家に着いて玄関を開けると

 

玄関が男たちの靴で溢れていた。

 

 

我が家は玄関入って右に部屋、左がトイレと洗面所

 

正面にドアがあり、そのドアを開けるとダイニングキッチン、奥にジムスペースがあって

その奥、右と左に扉があって左が寝室

右はイケメンの部屋となっている。

イケメンの部屋の扉は閉じているから中は見えない。

 

寝室に私のクローゼットがあるから、そのまま寝室に直行した。

 

遮光カーテンなので外からは見えないけれど中からはよく見えるバルコニー

 

 

そこに沢山人がいる様子なので覗いてみた。

 

 

バルコニーに椅子を出して何人か座り何人か立ってお茶を飲みながらみんなでシーシャしていた。

 

なんだ、不機嫌だったのではなくて大勢いたから小声で話したのかも?

 

そう思ってホッとしてお菓子でも出そうかと

 

用意していたら、お水を取りにキッチンにうちのイケメンが入ってきた。

 

「うわぁ!なんで帰ってきたの?なんで連絡しないの?」と慌てていた。

 

「いやなのかなと思ったから帰ってきたよ。」

と伝えると

 

「いやなわけないじゃん。君が楽しい時間過ごせたなら嬉しいに決まってるのに。」

 

そう言ってバルコニーに戻って行った。

 

すぐまた台所に来て、

「みんなのこと送ってくる。」と言ううちのイケメン。

 

彼らと私が会わない様に私は寝室に入る。

 

ワタワタと人が出て行く。

 

ドアが閉まる音が聞こえた。

 

 

なんで帰ってきたのとか言われちゃった。

 

男だけで楽しみたかったのかな。

 

おかしくなって1人で笑った。