うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

デーツ

アッサラームアライクム

 

デーツはクルアーンに何度も登場してくる果実

 

ナツメヤシという種類の木の実のこと。

 

ラマダーン月のサウム、断食が日没の礼拝時間に明けたときに一番最初に口にする食べ物がこのデーツ

 

嫁がデーツを初めて食べたのはうちのイケメンとのニカーフ(結婚式)のときだった。

 

バンコクのモスクで牛乳と三つのデーツが一人一人に振る舞われ

 

ミルクの飲めない嫁は

 

水を飲みつつ、この黒いのなんだろう?と不可思議な顔をしてしまった。

 

うちのイケメンが

 

「美味しいから食べてごらん。」

 

恐々と口に運ぶ

 

すると

 

まぁ!

 

ファンタスティック!

 

甘くて優しい味とねっとりした口当たり

 

その日から嫁は

 

デーツをあちこちから取り寄せ食べ続けている。

 

 

f:id:iamamuslima:20170601014355j:image

 

 一番のお気に入りはサウジアラビアで有名なアジュアと言うデーツ

 

誰かお土産に買ってきてー!

 

 

うちのイケメンの国、イラクのデーツは世界で最も美味しいデーツが育つそうでイラクに行ったらお土産はデーツ!と中東の人たちは言う。

 

 

 

それを教えてくれた誰かから、「世界中で育てているものは大概イラクのデーツを持ち帰り自国で育てている。」と聞いた。

 

 

デーツの中で有名なのがマジョールデーツというものでカリフォルニアやインドでも採取できるもの。

 

コストコで買えるのはこのマジョール。

 

 

イラクでは何千種類ものデーツがあるけれど

 

海外に出ることはなく自国で消費するそうだ。

 

イラクは世界第3位の裕福な国だから

 

他国と貿易をする必要がない、、、

 

それ故にいろんな国から戦争を仕掛けられている国でもあるのかな?

 

 

さて、デーツの話に戻ると

 

うちのイケメンの家では大きな壺にデーツを入れ各々の部屋に置いてあるとか。

 

うちのイケメンが子供の頃や青年期には

兄弟姉妹で1人1キロくらい毎日食べていたらしい。

 

未だにうちのイケメンは1人で1キロパックをペロリと食べてしまう。

 

デーツにタヒーナ(ねりごま)をつけて食べるのが主流

 

あとは

ヨーグルトをディップして食べている。

 

コストコのデーツはうちのイケメンはあまり好きではないみたい。

 

買ってきても嫁しかたべない。

 

デーツはミネラルが豊富で美容食と呼ばれマクロビオティックでも注目されている食材。

 

嫁はデーツをお腹いっぱい食べると

 

翌日、何日分が出てきたのかしら?と驚くほどにお通じが、、、

 

普段、便秘とかは決してない、それでもね。

 

最近はダイソーでもイラン産のデーツが売ってるみたい。

 

いつかインシャアッラー、トライしてみたい。

 

カルディでなつめとかいてあるパッケージを見かけ、デーツに見た目が良く似ているので

買ってきてみたら

 

ゲッ、、、酸っぱい

 

棗という違う品種のものだった。苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする