うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

ヒジャーブをする理由

 アルサラームアライクム

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さるあなた様に平安がありますように。

 

 

何故イスラム教徒の女性は頭から布をかぶっているのでしようか?

 

何故でしょう?

嫁も顔と手以外はすっぽりと何かで包まれています。笑

ラッピングを施したプレゼントのように🎁

 

夏でも外出するときは靴下を履き、長袖です。

 

イスラム教徒になる以前の嫁は

記事にあった表現をするならば原始的な服装をしていました。

 

猿人類かな?笑

 

仕事では着物が殆どでしたが家では大概ドレスを着ていました。

 

休みの日は夏ならビキニにデニムのショートパンツ履いてビーチサンダルで日焼けして歩いていました。

 

露出狂

 

嫁は結婚する前に辞めましたが、長年銀座のクラブのホステス、ママをしていました。

 

だからかな、男性の目のいくところ

 

視界のツボをよく存じ上げています。笑

 

着物のときはどこに目がいくか

 

ドレスのときはどこに目がいくか

 

普通の服でも

 

通りすがる女性見てモテるかモテないか、男いるかいないかも大体わかります。

 

 

ホステスに成り立ての女性、会話力や知識がないうちは

とにかく外見を可愛く美しく仕立てて

お客様に見てもらうことから始まります。

 

お客様がついて、自分のやり方で1人でやっていくまでは女性であるということが商品となる仕事です。

 

嫁はテレビのお話のような売春経験やお客様と個人的な関係を持ったことはありません。

 

銀座のホステスとは、自分の美貌、想い、時間や思考、知性、話術など肉体以外の自分の全てをお金で売る仕事でした。

 

すごく楽しかったけれどかなり消耗しましたよ。

 

ときに道化を演じるとか厭なこともあったし

 

お店のため、お金のためだと我慢したこと、沢山ありました。

 

 

イスラム教となり、イスラムの教えを知り、自尊心を得ました。

 

イスラムの教義にのっとり結婚して

 

うちのイケメンから大切にされて

 

自分を強く愛することが出来るようになりました。

 

家の中では相変わらずドレスやワンピースを着たりときに可愛いショートパンツなども履いていますが

 

その私の女性らしい美しい肌、曲線や肢体は

うちのイケメンにしか見せることはありません。

 

 

嫁はイスラム教徒の女性がする服装を通して

 

男性の目だけではなく女性の他人をジャッジするような視線からも逃れています。

 

嫁はイスラム教徒になり、イスラム教徒としての身なりをするようになって初めてね

とても自由になったと感じています。

 

他人の目、ファッション、ジャッジから

 

する側からもされる側からも、

アルハムッドゥリッラー