うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

当たり前ではないこと

アッサラームアライクム

 

クルアーンがこの世にもたらされた月、ラマダン月となりました。

 

現在世界人口の五、六人に一人がイスラム教徒なのだそうです。

 

世界人口が現在約73億人

現在どれくらいの人がイスラム教徒で

どれだけの人が断食をしているのでしょう、、、?

 

f:id:iamamuslima:20180521200331g:image

 

ものすごい人数ですね。

 

アメリカ、フランスのイスラム教徒の多い地域はスーパーやレストランがガラガラで売り上げに困っているそうです。

 

中東やアジアのイスラム教が国教の国は

日没までお店はお休み

仕事もお休みを取る人が多いそうです。

 

この時期に中東に旅行に行ってホテルしか食べられるところがなかったとかそんな話も聞きます。

 

 

毎日生活出来ること

 

住む場所があること

安全で屋根があり水も火も自由自在

行政があって住む場所がある

水だってひねれば出てきて火も電気もワンタッチでそれらが使える環境

 

 

お金があること、

それは働ける場所がありお客様がいて賃金を貰えること。

 

買い物出来ること

商品を開発、研究、製造、育成など

商品を供給してくれる人がいてそれを管理、陳列、販売してくれるところがあること。

 

こんななんでも揃っていてなんでもある生活

なかなかないですよね。

 

日本は本当に良い国だと思います。

 

ラマダン月は日本では約二十万くらいのイスラム教徒が日没まで断食をします。

 

毎日当たり前であることが当たり前でない生活がひと月続きます。

 

この命は当たり前ではない

毎日の生活は当たり前ではない

そう考えると感謝しかありません。