うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

頭にくるなあ

アッサラームアライクム

 

ラマダン月も後半に入りました。

ラマダンは信仰行為や善行が倍になって神様、アッラーが受けいれて下さる月です。

 

だから沢山の信仰行為をして、沢山の善行をしてと毎日仕事に追われつつも頑張っている嫁です。

 

うちのイケメンは毎年ですがこのラマダン一か月、仕事を休みます。

朝起きてから寝るまで礼拝しているか、クルアーンハディースを読んでいます。

なにはさておいても信仰のための月なのだそうです。

 

嫁の仕事は自営ですが、休みをまるっと一か月取れることはないです。

どこかに行かなければいけないことは殆どありませんけれど、お客様日本人ですからラマダン一か月を待ってもらえません。

 

うちのイケメン仕事がお休みなのでお弁当作らないで良いのと、ラマダン月の斎戒(断食)のため食事作る回数が少ないので、その分お休みかな 苦笑

 

今日、別に書いているブログでこんな記事を書きました。

これはイスラムではない! - 私はムスリムです

 

祝福されたラマダン月なのだから、おっとりゆっくり平和な気持ちでいたいのに

ちょっと頭に来てしまいました。

 

洗脳てこういう風にわからないところ、気がつかないところから始まります。

 

直接言わなくてもこうして、潜ませてね。

 

社会問題を伝えることは大切かもしれないけれど

国内で起きている問題はどうして取り上げないのでしょう?

 

いじめ、虐待、ニグレクト、暴力、モラハラ

毎日日本人同士でやってること。

でも知ってても見て見ぬ振り、我関せず。

ホームレスが増えていること

他国の飢えてる人を助けに行くくせに日本で

頼れる家族もなく、仕事もなく、友達もいなくて孤独と飢えで苦しんでる人たちを助ける人たちはいない

雇用率上がったと言いつつも失業者が後を絶たないこと

国民全体、不景気なのに税収は上がっていること

生活保護必要なところには行かず

不要な外国人が貰って自分の国にその税金で家を建てていること

国民健康保険、支払っている人は病気せず支払えない人が使っていることや外国人旅行者に使って医療費の国家予算が大赤字であること

医療の現場の人員不足

世界中に援助や融資金を国民の税金からばら撒いていること

ビザなしで行ける国が増えたって、そんなの海外行かない国民からしたら何の得もない

一部の人の利益でしかない。

国民の貧困者のための住宅もお金ある人が住んでいて本当に必要な人はカツカツで暮らしている

死因の一位が自殺、アフリカやシリア、パレスティナ戦争で生きることも大変な人たちがいるところ、毎日彼の国の誰かに殺されても自殺する人なんていないのに。

ガン患者、3人に一人がガン

それだけ食べ物や生活用品、住環境が有害化学物質で汚染されているということ。

病気は病院で治す、薬で治すという洗脳。

治すのは個人の治癒力であり、薬は症状を止めるだけ、治せない。

うつ病患者の増加、ちょっと不安でも疲れでもなんでもうつ病とされて薬を処方

 

まだまだ出てくるけれどここでやめます。

 

もう少しみんな賢くなってください。

テレビ、雑誌、偉い先生のいうことを鵜呑みにしないで洗脳社会から出て下さい。

 

明日は結婚記念日!

 

 

 

 

数え上げたらキリがない

日本人は日本て問題何もないと洗脳されていますよね。