うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

クルアーン をガーナに送ろうプロジェクト

アッサラームアライクム

ガーナのニュータウンという小さな村でクルアーン を勉強する子供たち。

こちらの先生がクルアーン が足りない、送って欲しいとSNSで呼びかけ、私たち、One-Nationひとつも賛同することにしました。

ひとつ

 

ご協力、ご賛同いただけます方はinfo@sunsteed.netまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

 

f:id:iamamuslima:20180609012301p:image

 

f:id:iamamuslima:20180609012305j:image

 

具体的に何をしたらご賛同かというと

ご自宅に余分なアラビア語クルアーンがありましたらそちらを寄付して頂きたい。

 

また、なにぶん一冊が重たい本ですから、ガーナへの送料を寄付して頂きたいのです。

 

クルアーン は持っていないけど寄付は出来るわという方、ありがとうございます。

その寄付が多く集まれば販売されているクルアーン を購入する事が出来ます。

アラビア語クルアーン 、今日、寄付して貰えるシスターが購入したサイトを見ましたら一冊3250円でそこに送料が発生します。モスクでも一冊3.500円で販売されていました。

日本語のクルアーン は無理配布されていますがアラビア語のものは販売なのだそうです。

 

 

日本在住でないけれど参加して下さるという方はもし、可能であればご自身の滞在している国で同じようにプロジェクトを立ち上げて頂きたいです。

 

モスクやイスラム教国家の各大使館にクルアーン を寄付して貰えないか聞いて貰いたい。

その土地のイスラム教の方に寄付をお願いして貰いたい。

そして寄付を集めて貰い、クルアーン が貰えなかったら集まった寄付金で購入して、ガーナのニュータウンへ送って頂きたいのです。

 

ご連絡頂けたら送り先をお知らせします。

 

あなたが寄付したクルアーン はその土地の子供たちに引き継がれあなたが亡くなったあとも読み続けて貰えるかもしれない。

 

だってね、アフリカてたくさん子供が生まれていく土地です。

 

田舎で本屋さんがない土地ですから、そこに生まれるイスラム教の子供たちのために多くのクルアーン が必要なんです。

 

もしかしたら大人も欲しくても持っていない人もいるかもしれませんよね?

 

そう考えると何冊あったって良いと思いませんか?

 

どれくらい集まるかはアッラーがご承知のことでしょう。

 

ものすごいハサナの大きなプロジェクトです。

どうか他人事と思わず、もしも興味をお持ち頂けたらあなたがまず参加して下さい。

 

余分なクルアーン はないし、寄付するお金もないと仰っるならどうぞ、この記事をシェアして下さい。

 

あなたの出来ることを一緒にやっていきましょう。

 

情けは人のためならず

 

このプロジェクトは誰のためでなく、アッラーのため、イスラムを学ぶ子供たちのためです。

だから結果自分のためのこととなるのです。

 

如何なることも種をまいたなら収穫するのは自分ですからね。

 

聖なるラマダン月に行うザカートとして、またはサダカ、善行の一つとして

 

このプロジェクトを考えていただけましたら幸いです。