うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

大声で叫ぶ日

アルサラム アライクム

引きこもり生活をしているうちにすっかり近所の桜は葉桜になっていました。

 

毎日何してるかと言いますと、ベランダでお野菜育て始めたので、そのお手入れとか

パソコンの中の整理、写真とかファイルとか

ドラマ見たり本を読んだり

うちのイケメンは会社を移転するらしく、色々なとこに出かけています。

 

でも、自粛生活を始めた2月頃から

2人ともファジュルの礼拝をしてから眠るラマダンのときみたいな生活をしています。

 

イケメンは世界中に友達がいて、彼らも外出禁止のため家にいますから、

毎日、午後から国内の友達から始まり、色んな人と深夜まで話しています。

 

うちのイケメンは落ち着いて静かに話す人なのですが、週に一度くらい大声で叫びながら電話する日があります。

 

お父さんと話す日です。

 

うちのイケメンのお父さんは後天的な原因で耳が聞こえなくなりました。

 

お義父さんがまだ赤ちゃんだった頃、産みの親が他界して、新しいお母さんに育てられたそうです。

そのお母さんは、理由はわかりませんが赤子であった義父の耳の穴にタバコの火を押しつけて焼いていたそうです。

義父の耳は焼けただれふさがれ、普通には

耳が聞こえないのです。

赤子であったため、泣くことでしか訴えることができず、誰も気がついてくれなかったそうです。

 

その話を聞いたときに、嫁は腹が立ち、イケメンの祖母に当たる人のことを物凄く汚い言葉で罵りました。

 

イケメンは黙って同意することなく、それを聞いていました。

イケメンもお父さんから、その義母の悪口は聞いたことがなかったそうです。その方がなくなるまで母として尊敬して愛していたそうです。

 

義父の家族はしつけが厳しく、両親に叩かれたときには、その叩いた手にキスをして、許しをこうたそうです。

 

義父は反面教師で自分が叩かれて育ったから、子供たちを叩いたことがないそうです。

 

義母も面白い人で、イケメンは両親に叩かれたことがないそうです。

 

だから、こんなに優しい人になったんだろうなと思います。

 

週に一度、普段静かなイケメンが叫ぶとき

それはとても強い愛の叫びです。

それがたとえ深夜3時だとしても