うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

好きなものは好き

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

うちのイケメンは買い物が好きで

買い物することが長年やってる仕事の1つです。

 

買い物が仕事ていうと何だろう?と思うでしょう。

 

例えばお客様から

 

五百万支払うから、大型冷蔵庫、100台欲しいと言われたら

冷蔵庫について学び、より良い冷蔵庫を探して

メーカー問い合わせたり、市場に赴き商品を見て触って探します。

お客様が得することを目指して足と頭をフルに使って出来るだけ良い物を探すのが仕事の1つです。

 

そういう生活を長年してきているためか、自分の買い物もものすごくこだわります。

 

ブランドは関係ありません。

 

何故なら

 

うちのイケメンはエルメス、ルイヴィトン、シャネルすらも知りません。

 

今のところブルガリもモンブランも香水でしか知りません。

 

使い心地が良い物で縫製の良い物

 

新品のメイド イン チャイナより中古の日本製。

 

 

 

例えば彼がダウンジャケット買う!と決めたとします。

 

 

欲しいものが見つかったなら値段関係なく躊躇せず買い、要らない物であれば、それが超高価でも要らないし、どんなに安くても買わない主義です。

 

実際、去年か一昨年かな?

ダウンジャケット一枚買うのに新宿、渋谷、原宿のデパートや小さな服屋も回って一週間暇さえあれば出かけて探していました。

 

しかし、欲しい物が見つからず、寒いのに秋物の薄いコートにマフラーして歩いていました。

 

 

「寒いから妥協してさ、何かとりあえず買おうよ。」と言っても

「大丈夫、要らない。」と断固拒否。

 

銀座のラルフローレンで運命と出会い?決めてきたようです。

 

因みにその日までうちのイケメンはラルフローレンを知りませんでした。

 

本当に気に入ったようで、それ以来ずっとそれを着ています。

 

また、

寒くなってきたころに素敵なセーターを買ってあげました。

しかし、気にいらなかったのでしょうね。

家でパジャマの上に着ることはあっても、外出に着て行くことはありませんでした。

 

自分では、ユニクロのセーター、3千円くらいのかな?

ある日何となくうちのイケメン、ユニクロ入ってセーターを見つけてきました。

とても気に入ったらしく、その日から毎日そればかり着ていました。

翌週には、全カラーまで行かないかもだけれど同じデザインで色違いのセーターを8枚購入してきましたよ。

 

それを毎日交互に着てこの冬を過ごしていました。

 

うちのイケメンは背が180より高く細身で外国人ですけれど

ユニクロのMサイズでぴったり良い体型です。

 

ジーンズなんかはお尻に合わせて買うと丈が短くなってしまうので丈に合わせて少し緩いのを履いています。

 

まあ、何でも似合いそうなので色んな人から洋服をプレゼントされます。

自分に買ってみたけど似合わなかったから、君なら似合うだろうから着てとか

似合いそうと思ったからプレゼントとかね

 

でもどんなに素敵なデザインでも、一箇所でも

気にいらないと絶対着ません。

襟の形とか

襟の首にあたるところがザラっとしてやだとか

縫い目がやだとか

 

でも好きだとずっと、色褪せしても着ています。

 

肌着なんか安くて何処でも売っているものだし

もう色褪せてほつれそうなところもあるのに

「この肌触りとフィット感でないとやだ。同じ物が見つからないからいい。」といい

ずっと着ています。

 

同じ様な肌着を探していますが、タイで買ったものらしく、同じ形、素材がなかなか見つからなくて仕方ないのでほつれたら縫うとかして私も頑張っています。

 

 

好きなものは好き

他は目に入らない

 

彼の生き方そのものです。

 

 

 

広告を非表示にする