うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

お家ご飯!

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!という意味の祈りの言葉。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さるあなた様に平安がありますように。

 

嫁は利き腕の中指の真ん中をザックリパン切り包丁で切ってしまい

ちょっと曲げると流血するのでアイスのスプーンで曲げないに固定していた。

 

手を水で洗うとバンドエイド貼っているのにしみる痛さな上に流血するからウドゥーという礼拝前の浄めも地面に手を払うやり方でしていた。

 

3日間、ご飯が作れず出来合いのものを買うか外食をした。

 

うちのイケメン

朝、パン、チーズ、オリーブ、お茶

 

嫁 

ヨーグルト

 

昼 はコンビニ

 

夜 はレストラン

 

そんな3日間を過ごした、

 

4日目の今日の夕方、うちのイケメンにたのまれて通訳で一緒に出かけた。

 

一通り終わってから

「夜ご飯何食べたい?」と聞かれ

 

何も思い浮かばない。

 

最初の日は三食外食なんて楽ちん嬉しい!と思ったけれど、、、、、

 

「もう、何も食べたいのないよね。外食飽きるよね。私はずっと自分の作ったペペロンチーノが食べたいんだよ。」と心の声

 

嫁の育った家は食卓にパスタが並ぶような家ではなく、パスタはレストランで食べるものだった。

ナポリタン、ボロネーゼ、ワタリガニやイカスミ、ウニとクリーム、エビトマトなどそソースの味で食べるものがパスタだと思っていた。

 

両親が初めてデートをした店だという麻布台のレストラン、キャンティに初めて行ったときのこと、その店のものが一番好きなパスタと言って父がオーダーしたペペロンチーノ。

見た目は麺とニンニクだけ、食欲そそる美味しい匂いのパスタだけれど、随分と飾りっ気ない奴だなと食べてみた。

当時十代の私はニンニクがあまり得意ではなかったからかな、大きなニンニクとオリーブオイルが極上の小麦で作られた麺に絡まる美味しさ!というものがわからなかった。

 

二十代になってからまた、そこでの食事のとき父が頼んだペペロンチーノを貰い食べてみたときに、ペペロンチーノの旨さを理解することが出来たというか、ハマってしまった。

 

それからずっと嫁はペペロンチーノを食べ続けている。

 

食べるだけでは飽き足らず家でも何もなければ

いや、何かあってもペペロンチーノばかり作って食べている。

 

週二、三回はペペロンチーノが食卓に並ぶ。

 

うちのイケメンは、、、、

 

麺類を好まないので何もなければ食べるけれど

あるのにあえて食べなくて良くない?というスタンス。

 

今日はキノコとピーマンを入れたペペロンチーノ

 

包丁の握れない嫁のためにうちのイケメンが野菜をカットしてくれる。

 

麺を茹でて味付けしたら美味しいペペロンチーノが!

 

 

今日は2人の初めての合作ペペロンチーノ

 

f:id:iamamuslima:20170912011702j:image

 

やっぱりお家ご飯が一番!

 

因みにうちのイケメンは

 

ご飯にピクルスとヨーグルトかけて食べて終わり。