うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

Ramadan Mubarak

Alsalaam alaikum 

 

世界全体がラマダン月となり、世界中のムスリムラマダンに行うべきことに励んでいます。

 

 

ラマダンはアッラー(神様)から預言者ムハンマド様(彼に平安あれ!)を通して全人類へメッセージ(コーラン)がおろされた月、聖なる特別な月のため、世界中のイスラム教の人々(ムスリム)がそれに感謝して、アッラーから「ラマダンの月にはときはこれをしなさいよ!」ということを行う月なのです。

 

実際どんなことをするかと言いますと

まず信仰行為に励むこと

 

イスラム教の経典、コーランクルアーン」をこの時期みんな必死に読みます。

全部一通り通して読むことを目標にして読みます。

お祈りも普段よりたくさんします。

普段は一日に5回、日の入り、お昼ころ、お昼過ぎ、日没と夜にお祈りをしていますが

この月は暇さえあればお祈りしてアッラーに感謝を告げていることでしょう。

 

 

断食

 

夜明けの礼拝の時間から始まり日没の時間の礼拝の間、水分、食事、全てを断ちます。

唾ですら飲み込まないようにと励むムスリムも多いです。

うちのイケメンは歯の治療中ですが、断食月のためお休みしています。

 

日没の礼拝の後はお祈り(断食を解く宣言)をしてから水とナツメヤシ(デーツ)を口に入れ食事を始めます。

 

この時期、モスクやイスラム教の人のコミュニティなどでイフタール(夕飯)が振舞われるところがたくさんあります。

毎年、このイフタールに参加することで

このときにしか会えない兄弟姉妹たちと会えることが一番の楽しみです。

 

うちの夫婦は

電車に乗ってわざわざご飯食べに行くほどの強い気力がない、そこまで食に執着がないので

ただの食事会とかなら絶対行かないでしょう。

でも、みんなに会えると思うとワクワクして出かけることが出来ます。

 

うちのイケメンは、とても人に好かれているようで?

大きなモスク、代々木上原のモスクやアラブイスラム学院、大塚モスクなどに行くとあっと言う間にイケメンの周りに人が集まって来て嫁をポツンと一人残して去って行きます。

 

イケメンが同伴でないとき

普段、男子に話しかけられることなど無縁の叔母さんの嫁ですが、イケメンの知り合いが嫁を見つけて「おお!サラームシスター!ご主人はどこ?」と声をかけられます。

大体どこにいるか知らないので、イケメンにGPSをつけておけばよいのかと思ったりします。

 

イフタールの後もイケメンは友人たちと消えてしまうので嫁はイフタール終わり顔見知りのシスターたちと挨拶してから大体一人で家に戻ります。

 

 

次にやることは

人の悪口とか噂話をしない、喧嘩しない

まあ、ムスリムは普段からこれは禁じられていますし、人としてあかんことなんですけれど

みんな人ですからね

ついついあるかもしれませんね。

それをきつく戒めてやらないよう気をつける。

 

あとサダカ(喜捨)と漢字で書きますが

寄付をします。

 

お金がある人は一年に一度、自分の総資産を計算して、貧しい人や困っている人に寄付する

お金がない人は人に良いことをして労働や精神で施すのもこの月、ラマダンに行います。

 

 

2日前に去年のラマダンに知り合ったエジプト人のシスターとイフタールに行きました。

彼女は大学生で

「日本のラマダンは寂しい😞エジプトはラマダンはお祭りです。」と

そしてこの時期、出来るだけ学校に行かなくて済むように努力し、課題もさっさと終わらせてしまうそうです。

それは何故か?

 

一分でも一秒でも多く信仰行為に励みたい

 

ただそれだけのために普段の生活のルーティンをさっさと済ましているそうです。

ラマダンの月に行った行為

今まで述べた信仰行為ですね

それはご褒美となり、過去に犯した罪を消してくれるそうです。

 

 

今日の嫁は食べる時間とご飯作る時間が減った分

コーランを読むこと、アラビア語を勉強することをやりつつ

家の細かなとこまで片付けしました。

 

嫁はどちらかというと潔癖なくらい毎日掃除する方なのですが、今月はそれに磨きがかかって益々掃除していますよ。

 

コーランを聴いていると天使が集まってきますから、天使に恥ずかしくないように無意識なのかもしれませんね。

 

 

それでは皆様、よきラマダン月をお過ごし下さいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒジャーブをするとかしないとか

アッサラームアライクム

このブログを見つけて下さりありがとうございます。

お読みいただいた方々にアッラーのご加護と平安がありますようお祈り申し上げます。

 

イスラム教の女性は基本的にスカーフを頭に巻いたり、スカーフのような物をかぶったりしています。

 

それは世界共通でヒジャーブと呼ばれています。

意味はアラビア語で「覆う」という意味なのだとか。

 

ヒジャーブでなくても、実は色んな種類の名前があって、ヒマールとかマグナエとか

それらは国や宗派によってもスタイルが様々で

 

ターバンや帽子みたいなもの、ベールのように羽織るものや、すっぽり目以外の顔まで隠してしまうものもあります。

 

イスラム教でなくても、キリスト教のシスターもベールで髪を隠して肌を見せない服装ですね。

 

インドのクリスチャンの女性の一部のグループでもシャルワカミーズだったかな?民族衣装を着てその上からベールで身体を隠しています。

 

ユダヤ教も一部のグループではイスラム教と見間違うような全身を黒いベールで隠してる女性たちもいます。

 

宗教的なその身体を隠すという行為は女性の部分を強調しない、最近流行りのモデストファッションなのでしょう。

 

また地域的に女性を守るための術でもあると思います。

 

一般的に日本など元々がイスラム教でない国ではヒジャーブは宗教的義務ではないと教えているようです。

 

嫁がモスクやアラブイスラム学院内で行われ、出たセミナーでも、そう教えていた先生は数人いました。

みんな日本人の先生でした。

 

イスラム教発祥の地、アラブ諸国ではイスラム教が降りる以前から女性は顔と手以外は隠す文化であったため、ヒジャーブは中東の民族的な象徴であると言う人もいました。

 

 

イスラム教の根本的な教義は唯一の神、アッラーを信仰し、アッラーが最後の預言者モハンマド様(彼に平安あれ!)を通して地上に降ろされたメッセージ、コーランに書かれていることに従いなさいていうのが基本です。

 

そのコーラン

女性は顔と手、以外は出してはいけませんよと書かれています。f:id:iamamuslima:20190410182821j:image

 

とか

 

f:id:iamamuslima:20190410182832j:image

 

など

 

コーランにしなさいよと書かれていますから、女性のイスラム教徒はヒジャーブをしなさいよ。

露出を顔と手以外は隠しなさいよということなのだと理解します。

 

 

嫁はイスラム教徒になる前、どちらかと言いますと露出高めの普段着を着ておりました。

 

ビスチェに短パンとか、ビキニタンクトップにランニングショーツ、穴あきスキニージーンズで夏は裸足にビーサン夏はそのような露出系の服に毛皮羽織ってブーツでした。

そんなでしたが

イスラム教に改宗して、一年中長袖で長衣を着てスカーフを巻いて顔と手以外、本当に出さなくなりました。

夏ですら靴下履いてサンダル履くようになりました。

 

それは宗教で決められているからとか、誰のためとかではなくて、自分の信仰の行為の1つ、1つの行いとして始めたことでした。

 

嫁はイスラム教に出会う前から神様について学んでいました。

そして神様が大好きでした。

 

大好きな神様がした方がいい、しなさいよと命ぜられたならしよう。

そう思ってやり始めたことでした。

 

嫁は愛想よく前途したような服装、つまり見た目がチャラかったものですから、イスラム教になる以前はよく酔っ払いにナンパされたり外国人に追いかけられたりしていました。

 

しかし、そのスカーフを巻いて長衣を纏うようになったら

 

だーれにも、全く声をかけられなくなりました。

目も合わせてもらえなくなりました。苦笑

 

電車でも外国人男性は殆ど近くに来なくなりましたよ。

日本人もあまり側に来ませんけどね。

 

なんていいますか、それから護られてるような感じがしています。

 

またそうやって、毎回スカーフを頭に巻くときには自分のアイデンティティというのかしら

嫁がムスリムであると皆に証明している気持ちにもなるのです。

 

先日、ニュージーランドイスラム教嫌いな人が大勢のイスラム教徒を無差別で殺したテロ事件がありました。

その翌日、日本でもモスクの前でインドネシアムスリムが日本人に暴行を受けました。

 

同日、オーストラリアのモスクでヒジャーブをした妊婦のムスリムがオーストラリア人に襲われた事件がありました。

 

「その頃に友達からスカーフして歩くの危なくない?」

 

そう聞かれて確かに「私、イスラム教ですよー」ていうアイデンティティを出してますからターゲットにされるかもしれないということも否めないと気がつました。

 

でも

 

神様大好き!と表現して何かされるならそれも仕方ないのかな

それで死ねたら嫁の現世の修行終わり!ということでいいんじゃない?て

 そんな気持ちです。

 

なので嫁は何があってもこの先、ヒジャーブをしていくと思います。

 

ヒジャーブしないイスラム教の人に対してはどうなの?てとこですが

それはその人と神様の関係なので

あたくしの知ったことではありません。

 

 

ヒジャーブしているから信仰心強いとかは

はっきり申し上げてありません!

 

ヒジャーブしてなくても神様への信仰心の深い人、たくさんいます。

 

ヒジャーブをファッションでしているイスラム教でない人もいますし

 

信仰心でなく、なんとなくしてる人もたくさんいるのではないかな。

 

イスラム教徒でなくてもビジネスでしている人もいます。

 

 

色々なんですわ。

 

世界人口の三人に1人がイスラム教ですからね、それこそ色んな人が居るでしょう。

 

 

でもね、大事なのはその人と神様の関係です。

 

自分の人生は自分が責任あることで、

人それぞれ事情も違うものです。

 

他人がジャッジしたり干渉するところではないのです。

 

神様は寛容ですから、やってと仰られたことに対して私ら僕ができることをしたら沢山ご褒美を下さることでしょう。

また

出来ないことがあっても心のうちでの想いを知りお許して下さるでしょう。

 

 

イスラム教の良いところは出来なかったことがあったら、他でやったら良いといい

 

例えば病気とか都合で断食月に断食が出来なかったら、その分は寄付をしたり貧しい人を助けることで断食したと同じだけのご褒美がいただけるとか

 

来年の断食月までに元気なときに断食やれば良いよとか

 

寄付をする義務があるけれどその寄付というのはお金だけでなく、労働して他を助けるとかでも良いのです。

 

全てにおいて寛容なのです。

 

それでも、出来なかった人を責めたり

やってない人を陰口言ったりする人はいます。

 

イスラム教だからみんなが人格者ではありません。

 

でもね、アッラーはそれもご存知で

その出来なかった人の陰口を言ったらその人の罪をそのまま受け継ぐという教えもあるのです。

 

だからね、基本は他人の信仰や生活を干渉しないしジャッジしないんです。

 

親とか家族ならやらないといけないことは絶対、教えないといけないそうですが反面

強制はしてはいけないという教えもあって

コーランにこうやって書いてあるよ。

アッラーはこうしなさいて教えてるよ。」と話して、子供たちがそれを受け入れるか否か親は子供の立場で理解しないといけません。

 

無理矢理やらせてはいけないのです。

確かに教えることとやらせることは違いますからね。

 

 

長くなりましたが、イスラム教てヒジャーブについては本当に表面の一層でしかなくて

もっと深く素晴らしいことを教えている宗教です。

 

それが多くの人たちに伝わりますよう、インシャアッラー願うものです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい結婚のとき

アッサラームアライクム

今日、友人の娘が遊びに我が家に来てくれました。

彼女はイスラム教とその習慣にとても興味があるそうです。

 

イスラムについてたくさん質問を受けました。

嫁、もっと勉強が必要ですな。

 

うちのイケメンが帰宅してからはイケメンに

アラブ諸国の習慣について質問していました。

 

イケメンの故郷では何歳から結婚するの?

男女ともに大体早い人で16歳頃から

 

それは自分が望むの?

大概は親が決めてくることが殆ど。実際は大学出てから結婚ていうのが多いから平均年齢は25歳くらい。

 

うちのイケメン、40歳のときに初婚

もちろん嫁と

 

友達の娘が

それまで結婚したいと思ったことなかったの?とたずねると

 

自分はね、ちょっとめんどくさい

アブノーマルな性格だから結婚には向いていないと思っていたからね。

 

えええええ!

そんなこと初耳なんですけど!

 

義妹たちから

よくうちの兄と結婚してくれたわねー

 

1番下の妹

細かくてめんどくさいでしょう?

 

1番上の妹

ちょっと変わってるから疲れるでしょう?

 

真ん中の妹

自分にも他人にも完璧を求めて完璧でなかったら要らないて奴だから、絶対結婚しないと思っていたのよ。

 

などと言われたけれど

 

いや、うちのイケメン

全然めんどくさくないし、どちらかと言うと

かなり楽な旦那さん。

たしかに完璧主義でめんどくさいところもあるけどそれを自分に求めていても他人には絶対しない人

だから嫁のようなかなり不完全で適当なのでも

文句ひとつ言わずいつも感謝してくれる。

嫁は他所のお嫁さんより楽して手抜きしてる気がする。

変わってるというより人より真っ直ぐで純粋なだけと思うものだ。

 

 

友達の娘が

じゃあ、奥さんと結婚するとき

悩んだり迷ったりしなかったの?と質問したとき

 

イケメン

正しい人に出会った瞬間、するしないなんてなやまない。1つの曇りもない

ただ、する!ということに向かっての行動しかなかった。

 

それ聞いて嫁は耳まで赤くなった。

かなり有頂天になった。

 

そうだったのか。

1つの曇りもなかったのか。

嫁も1つの曇りなく何の不安もなかったよ。

 

そうだな、正しいパートナーに出会ったときは

そうやって進んでいくものなのかもしれない。

 

また、義妹たちがめんどくさいめんどくさいところも言うところは

嫁にとっては愛おしいと感じるところだから

アッラーは魂を分けた男女を作った

私とその分け合ったパートナーはうちのイケメンだなと

 

イスラム教では恋愛は禁止され

結婚から全て始まる。

嫁とうちのイケメンも結婚して始まった。

この毎日の生活が毎日恋愛。

そしてイスラムの法則に従っての夫婦関係

パートナーシップはお互いを尊重し、助け合い認め合うものだから

ああ、結婚して良かったなと心から思う。

 

 

 

台風一過

アッサラームアライクム

 

最近日記ではなく月刊誌のように更新が少ないブログとなりました。ごめんなさい🙏

 

 

昨夜、ものすごい台風が日本にやってきました。関西は避難勧告が出されていたそうです。

 

首都圏も電車が夜の8時で終了して、イケメンの友達の家に遊びに行っていたのですが、早めに切り上げて帰宅しました。

帰宅するときは全然雨も風もなかったので台風?本当にくるの?と思っていましたが、家に入りシャワー浴びていた頃からかな?強い雨が降り出しました。

そして、雨戸がガタガタ揺れて強い雨が降ってきました。

 

深夜3時頃まで市のアナウンスがありました。

 

風速90キロですからすごいですよね。

 

起きたらキッチンの換気扇が家側に落ちていました。外からの風に押されて入ってきたのかなと思います。

 

庭のテーブルと椅子も風に飛ばされていました。

 

我が家の目の前に森のような公園があるのですが、そこの木が沢山割れたようで、道に枝が飛んで来ていました。

 

公園を見に行くと大きな木がいくつも倒れていました。

これ、飛んで来てガラスに当たったら割れただろうなと思いました。

 

台風のせいか、今日は一日ものすごくイライラして、うちのイケメンを病院に連れて行く日だったのですが、

「なんでいつもいつも病院一緒に行かないといけないの?もう三年も日本住んでるのだから

そろそろ日本語覚えてよ。」と心の中でイラーってしながら一緒に行きました。

 

今日一日、イケメンのことが本当にイヤに思って、こんなの初めてでした。

 

イケメンは不機嫌な私を気遣って、荷物を持とうとしてくれたりお水買ってくれたり、ごめんねて謝ってきたりしていたけれど、私は理由はないけど本当にイライラして

一緒にいるけど別々に歩かせてとお願いして

離れて歩いたりしていました。

 

普段はね、本当にイケメンに対してアルハムッドリラー、感謝しかないんです。

本当に素晴らしい夫で私にはもったいないといつも思う、アッラーに感謝しています。

でも、今日は話したくもない一日でした。

夫が悪いのではありません。

嫁の虫の何所が悪かっただけ、そしてこれが夫でなければ他の人なら本当に嫌いてブチ切れていたかもしれません。

 

そんな気持ちで始まった10月、今月はいっぱい更新出来ますように、インシャアッラー

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ムスリムの禁止されているもの

アッサラームアライクム

更新が久しぶりになりました。

うちのイケメンは相変わらずイケメンでラマダン月に痩せた身体がだんだんと戻ってきました。

 

嫁は一年前から比べると7キロ体重が増えて、イケメンと結婚してから通算すると30キロ増えたこととなります。

まあ、幸せなので良いかな。

イケメンと二人で近所に新しく出来るジムに入ることにしましたが、基本引きこもりなので嫁は通うか微妙です。

 

さて、イスラム教となり、嫁は色んなことをやめました。

1つは職業であった占い🔮

占いは魔術系であり、神さまだけが未来を決められているというイスラムの考えでは占いは禁止されているのですね。

そのおかげで嫁は収入源がなくなり、違うことを仕事にし始めました。

 

次は

豚肉

イスラム教が豚肉を食べてはいけないというのは世界的に有名な話ですね。

でも、嫁は元々、豚肉を食べませんでした。

韓国旅行したときは食べましたけれど、自分でお金払って豚肉食べたいと思ったことが多分嫁はありません。

ハム、ソーセージのような加工肉も子供の頃

親が調理が簡単だからと毎日食卓に並んでいたせいか飽きていたのと学生のときにタンパク質の実験でハムとソーセージ使って薬品をかけてタンパク質は黄色く変色するはずだったのに

青や灰色、黒、緑などメーカーによって変わる色の違いを見て怖くなり、「ソーセージとかハムて肉じゃないのかな?」と化学物質の固まりなのではないかと怖くなって、その直後に日本ハ●の工場で働いていたという青年とラーメン屋で知り合い、隣に座るその子が手首から先がないのでどうしたのか聞きながら苦手なチャーシューを彼にあげたんですよね。

そしたらハムの機械に手が巻き込まれてしまったらしくて、「俺の手ハムになったんだぜ」て聞いてもう、絶対食べないと決めました。

まあ、そんなことなので豚肉食べないことは嫁は苦ではなかったのですが、日本の食品てね、豚使ってない食品を探す方が大変で

嫁はそれはちょっと苦労しました。

例えばチョコレート、ケーキ、クッキー、アイスクリームやミルクティー、缶コーヒーの乳化剤は豚由来のものが殆ど。

外で食べる炒め物揚げ物なんかはラード使われていますしね、食パンにもラードが使われているものがすごく多いです。

あとゼラチン、豚由来のね

お菓子だけでなく、お惣菜までも入っていましてなかなか外食できなくなりましたね。

豚だけでなく、お酒もダメだから。

嫁は仕事で外で人に会うことが多く独身の頃は週に五日外食するような生活でしたから、今までと食べられるものが変わってしまったために

行きつけのお店は全部行かれなくなりました。

 

じゃあ、仕事変えて食べ物変えて

何か困ったことがあるかな?と思うとそんなにないんですよね。

収入は一桁減りましたが、別に食べていけるし、豚肉やアルコール使った何かが食べられなくても食べられるものは山ほどあるもんなと

そんな感じです。

 

嫁はイスラムを通して平和な気持ちとあたたかい家庭とイケメンの旦那を持つことができましたから、この幸せに比べたらそんな何か出来ないことなんて大したことないなと思うものです。

息したらダメとかなら改宗は無理だけどね。

 

このブログを読んでくださる皆様が幸せでありますよーに、アーミン!

 

クルアーン は無事送られました。

五月の終わりにガーナのニュータウンの子供たちへクルアーンを送るため、クルアーンの寄付と送料や購買費用の寄付を募りました。
その募ったページは投稿、写真もFBに消去されておりましたが、有り難いことに、クルアーンの寄付とアラビア語の発音のテキスト、62700円の寄付金が集まりました。

日本からは八月一日にクルアーンとテキストの、約20キロガーナへ送付いたしました。
遅くなりましたがご協力くださった皆様、心より厚くお礼申し上げます。内訳は送料が51493円、クルアーン購に12000円使わせて頂きました。

現在、インド、バーレン、エジプト、からも協力者の元送られています。

集まったクルアーンの中で英語のクルアーンと日本語訳のクルアーンは残念ながらアラビア語が小さくて見えにくいとのことで、寄付して下さった方に返却またはモスクへ寄付致します。
まだ当方お預かりしておりますので、返却ご希望の方はご連絡ください。
再度ご協力頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

 

クルアーン をガーナに送ろう!

アッサラームアライクム
皆様のご協力のお陰でたくさんのクルアーン が集まりました。ありがとうございます。
クルアーンをご寄付下さった方、あなた様のクルアーン がガーナの子供に渡り、その子が大人になっても、もしかしたらその子の子供にまで引き継がれるかもしれません。その子がクルアーンを読む度に受ける特別な褒賞はあなた様にもアッラーから与えららることでしょう。また、ラマダン中の善行は多くのバラカとなるでしょう。
今日でクルアーンの寄付の受付は締めきらせて頂きます。お陰様で日本発だけでなくインドから、エジプトから、ガーナへ直接送っていただけることとなりました。バーレーンクルアーン は用意出来るがガーナまでの送料を用意して欲しいとのことでした。クルアーンは一冊が重たいので送料がかかります。今月末頃までこの集まったクルアーン を送る送料の寄付を募っております。
宜しければご協力お願いいたします。

ご入金口座はメールにてお知らせいたしますので

Info@sunsteed.net宛先までご連絡お願い致します。f:id:iamamuslima:20180611155608j:imagef:id:iamamuslima:20180611155614j:imagef:id:iamamuslima:20180611155622j:imagef:id:iamamuslima:20180611155634j:image

f:id:iamamuslima:20180611155618j:image