うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

正しい結婚のとき

アッサラームアライクム

今日、友人の娘が遊びに我が家に来てくれました。

彼女はイスラム教とその習慣にとても興味があるそうです。

 

イスラムについてたくさん質問を受けました。

嫁、もっと勉強が必要ですな。

 

うちのイケメンが帰宅してからはイケメンに

アラブ諸国の習慣について質問していました。

 

イケメンの故郷では何歳から結婚するの?

男女ともに大体早い人で16歳頃から

 

それは自分が望むの?

大概は親が決めてくることが殆ど。実際は大学出てから結婚ていうのが多いから平均年齢は25歳くらい。

 

うちのイケメン、40歳のときに初婚

もちろん嫁と

 

友達の娘が

それまで結婚したいと思ったことなかったの?とたずねると

 

自分はね、ちょっとめんどくさい

アブノーマルな性格だから結婚には向いていないと思っていたからね。

 

えええええ!

そんなこと初耳なんですけど!

 

義妹たちから

よくうちの兄と結婚してくれたわねー

 

1番下の妹

細かくてめんどくさいでしょう?

 

1番上の妹

ちょっと変わってるから疲れるでしょう?

 

真ん中の妹

自分にも他人にも完璧を求めて完璧でなかったら要らないて奴だから、絶対結婚しないと思っていたのよ。

 

などと言われたけれど

 

いや、うちのイケメン

全然めんどくさくないし、どちらかと言うと

かなり楽な旦那さん。

たしかに完璧主義でめんどくさいところもあるけどそれを自分に求めていても他人には絶対しない人

だから嫁のようなかなり不完全で適当なのでも

文句ひとつ言わずいつも感謝してくれる。

嫁は他所のお嫁さんより楽して手抜きしてる気がする。

変わってるというより人より真っ直ぐで純粋なだけと思うものだ。

 

 

友達の娘が

じゃあ、奥さんと結婚するとき

悩んだり迷ったりしなかったの?と質問したとき

 

イケメン

正しい人に出会った瞬間、するしないなんてなやまない。1つの曇りもない

ただ、する!ということに向かっての行動しかなかった。

 

それ聞いて嫁は耳まで赤くなった。

かなり有頂天になった。

 

そうだったのか。

1つの曇りもなかったのか。

嫁も1つの曇りなく何の不安もなかったよ。

 

そうだな、正しいパートナーに出会ったときは

そうやって進んでいくものなのかもしれない。

 

また、義妹たちがめんどくさいめんどくさいところも言うところは

嫁にとっては愛おしいと感じるところだから

アッラーは魂を分けた男女を作った

私とその分け合ったパートナーはうちのイケメンだなと

 

イスラム教では恋愛は禁止され

結婚から全て始まる。

嫁とうちのイケメンも結婚して始まった。

この毎日の生活が毎日恋愛。

そしてイスラムの法則に従っての夫婦関係

パートナーシップはお互いを尊重し、助け合い認め合うものだから

ああ、結婚して良かったなと心から思う。

 

 

 

台風一過

アッサラームアライクム

 

最近日記ではなく月刊誌のように更新が少ないブログとなりました。ごめんなさい🙏

 

 

昨夜、ものすごい台風が日本にやってきました。関西は避難勧告が出されていたそうです。

 

首都圏も電車が夜の8時で終了して、イケメンの友達の家に遊びに行っていたのですが、早めに切り上げて帰宅しました。

帰宅するときは全然雨も風もなかったので台風?本当にくるの?と思っていましたが、家に入りシャワー浴びていた頃からかな?強い雨が降り出しました。

そして、雨戸がガタガタ揺れて強い雨が降ってきました。

 

深夜3時頃まで市のアナウンスがありました。

 

風速90キロですからすごいですよね。

 

起きたらキッチンの換気扇が家側に落ちていました。外からの風に押されて入ってきたのかなと思います。

 

庭のテーブルと椅子も風に飛ばされていました。

 

我が家の目の前に森のような公園があるのですが、そこの木が沢山割れたようで、道に枝が飛んで来ていました。

 

公園を見に行くと大きな木がいくつも倒れていました。

これ、飛んで来てガラスに当たったら割れただろうなと思いました。

 

台風のせいか、今日は一日ものすごくイライラして、うちのイケメンを病院に連れて行く日だったのですが、

「なんでいつもいつも病院一緒に行かないといけないの?もう三年も日本住んでるのだから

そろそろ日本語覚えてよ。」と心の中でイラーってしながら一緒に行きました。

 

今日一日、イケメンのことが本当にイヤに思って、こんなの初めてでした。

 

イケメンは不機嫌な私を気遣って、荷物を持とうとしてくれたりお水買ってくれたり、ごめんねて謝ってきたりしていたけれど、私は理由はないけど本当にイライラして

一緒にいるけど別々に歩かせてとお願いして

離れて歩いたりしていました。

 

普段はね、本当にイケメンに対してアルハムッドリラー、感謝しかないんです。

本当に素晴らしい夫で私にはもったいないといつも思う、アッラーに感謝しています。

でも、今日は話したくもない一日でした。

夫が悪いのではありません。

嫁の虫の何所が悪かっただけ、そしてこれが夫でなければ他の人なら本当に嫌いてブチ切れていたかもしれません。

 

そんな気持ちで始まった10月、今月はいっぱい更新出来ますように、インシャアッラー

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ムスリムの禁止されているもの

アッサラームアライクム

更新が久しぶりになりました。

うちのイケメンは相変わらずイケメンでラマダン月に痩せた身体がだんだんと戻ってきました。

 

嫁は一年前から比べると7キロ体重が増えて、イケメンと結婚してから通算すると30キロ増えたこととなります。

まあ、幸せなので良いかな。

イケメンと二人で近所に新しく出来るジムに入ることにしましたが、基本引きこもりなので嫁は通うか微妙です。

 

さて、イスラム教となり、嫁は色んなことをやめました。

1つは職業であった占い🔮

占いは魔術系であり、神さまだけが未来を決められているというイスラムの考えでは占いは禁止されているのですね。

そのおかげで嫁は収入源がなくなり、違うことを仕事にし始めました。

 

次は

豚肉

イスラム教が豚肉を食べてはいけないというのは世界的に有名な話ですね。

でも、嫁は元々、豚肉を食べませんでした。

韓国旅行したときは食べましたけれど、自分でお金払って豚肉食べたいと思ったことが多分嫁はありません。

ハム、ソーセージのような加工肉も子供の頃

親が調理が簡単だからと毎日食卓に並んでいたせいか飽きていたのと学生のときにタンパク質の実験でハムとソーセージ使って薬品をかけてタンパク質は黄色く変色するはずだったのに

青や灰色、黒、緑などメーカーによって変わる色の違いを見て怖くなり、「ソーセージとかハムて肉じゃないのかな?」と化学物質の固まりなのではないかと怖くなって、その直後に日本ハ●の工場で働いていたという青年とラーメン屋で知り合い、隣に座るその子が手首から先がないのでどうしたのか聞きながら苦手なチャーシューを彼にあげたんですよね。

そしたらハムの機械に手が巻き込まれてしまったらしくて、「俺の手ハムになったんだぜ」て聞いてもう、絶対食べないと決めました。

まあ、そんなことなので豚肉食べないことは嫁は苦ではなかったのですが、日本の食品てね、豚使ってない食品を探す方が大変で

嫁はそれはちょっと苦労しました。

例えばチョコレート、ケーキ、クッキー、アイスクリームやミルクティー、缶コーヒーの乳化剤は豚由来のものが殆ど。

外で食べる炒め物揚げ物なんかはラード使われていますしね、食パンにもラードが使われているものがすごく多いです。

あとゼラチン、豚由来のね

お菓子だけでなく、お惣菜までも入っていましてなかなか外食できなくなりましたね。

豚だけでなく、お酒もダメだから。

嫁は仕事で外で人に会うことが多く独身の頃は週に五日外食するような生活でしたから、今までと食べられるものが変わってしまったために

行きつけのお店は全部行かれなくなりました。

 

じゃあ、仕事変えて食べ物変えて

何か困ったことがあるかな?と思うとそんなにないんですよね。

収入は一桁減りましたが、別に食べていけるし、豚肉やアルコール使った何かが食べられなくても食べられるものは山ほどあるもんなと

そんな感じです。

 

嫁はイスラムを通して平和な気持ちとあたたかい家庭とイケメンの旦那を持つことができましたから、この幸せに比べたらそんな何か出来ないことなんて大したことないなと思うものです。

息したらダメとかなら改宗は無理だけどね。

 

このブログを読んでくださる皆様が幸せでありますよーに、アーミン!

 

クルアーン は無事送られました。

五月の終わりにガーナのニュータウンの子供たちへクルアーンを送るため、クルアーンの寄付と送料や購買費用の寄付を募りました。
その募ったページは投稿、写真もFBに消去されておりましたが、有り難いことに、クルアーンの寄付とアラビア語の発音のテキスト、62700円の寄付金が集まりました。

日本からは八月一日にクルアーンとテキストの、約20キロガーナへ送付いたしました。
遅くなりましたがご協力くださった皆様、心より厚くお礼申し上げます。内訳は送料が51493円、クルアーン購に12000円使わせて頂きました。

現在、インド、バーレン、エジプト、からも協力者の元送られています。

集まったクルアーンの中で英語のクルアーンと日本語訳のクルアーンは残念ながらアラビア語が小さくて見えにくいとのことで、寄付して下さった方に返却またはモスクへ寄付致します。
まだ当方お預かりしておりますので、返却ご希望の方はご連絡ください。
再度ご協力頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

 

クルアーン をガーナに送ろう!

アッサラームアライクム
皆様のご協力のお陰でたくさんのクルアーン が集まりました。ありがとうございます。
クルアーンをご寄付下さった方、あなた様のクルアーン がガーナの子供に渡り、その子が大人になっても、もしかしたらその子の子供にまで引き継がれるかもしれません。その子がクルアーンを読む度に受ける特別な褒賞はあなた様にもアッラーから与えららることでしょう。また、ラマダン中の善行は多くのバラカとなるでしょう。
今日でクルアーンの寄付の受付は締めきらせて頂きます。お陰様で日本発だけでなくインドから、エジプトから、ガーナへ直接送っていただけることとなりました。バーレーンクルアーン は用意出来るがガーナまでの送料を用意して欲しいとのことでした。クルアーンは一冊が重たいので送料がかかります。今月末頃までこの集まったクルアーン を送る送料の寄付を募っております。
宜しければご協力お願いいたします。

ご入金口座はメールにてお知らせいたしますので

Info@sunsteed.net宛先までご連絡お願い致します。f:id:iamamuslima:20180611155608j:imagef:id:iamamuslima:20180611155614j:imagef:id:iamamuslima:20180611155622j:imagef:id:iamamuslima:20180611155634j:image

f:id:iamamuslima:20180611155618j:image

 

 

ラマダンて何するの?

アッサラームアライクム

 

嫁がイスラム教に改宗する以前、とても親しくしていた友人がイスラム教に興味を持ちました。

 

なんと、なぜか、、、今回断食をしているそうなのです。

 

それで断食していることを彼女が「私もラマダンしているからね。」と言うものですから

嫁も断食のこと昔ラマダンしてるって、以前言ってたかも!?と思い出し、ラマダンとは一体何?ということを書きたいと思います。

 

 

ラマダンは陰暦の一年間9番めの月をラマダンといいます。

この9番目の月に聖なるコーランクルアーン )が大天使ガブリエルを通して預言者モハンマド(SWA)へと人間界に降ろされました。

そのためこの9番めの月は特別な月であり、この月に断食をして信仰行為を最もしなさいとアッラー(神)は仰せになられたそうです。

このラマダンの月にサウム(斎戒)をすることで一年間に犯してしまった罪が消えると言われています。

わかりやすく言うとイスラム教はポイント制で、信仰行為が全てポイントとなり来世に持って行くことができます。

アッラーから貰えるポイントのことをバラカ(褒賞)と言います。

 


アラビア語を一文字勉強し、朗読したならば1ポイント、アラビア語圏でない国の人が勉強したら30ポイント貰えます。 笑

 


そして、聖なるラマダン月はこのポイントが百倍になるため、みんなこぞって善行を行い、断食をします。

 


ラマダン月にやること

 


断食 斎戒 サウム

信仰行為 イバータ

喜捨 ザカート

善行 サダカ

 


断食、(斎戒)サウムは断食をすること、各国によって時間が違うのですが、夜明けから日没まで

全ての飲食を禁じられます。

 

ただし、旅行者、老人、妊婦、病気の人や生理中の女性は断食はしてはいけないことになっています。

断食出来なかった日数は来年のラマダン月までに何処かの日に代わりにやり直しすることでラマダンの月に断食したと同じポイントとして認めて貰えます。

 


信仰行為、イバータとはクルアーン を読む、

ハディースを読む、イスラムについて知識を増やす、勉強する、またお祈りをすることです。

 


イスラム教では最低一日、5回のお祈りが義務付けられていますが、お祈りの前後の善行の祈りというものを入れると一日約13回お祈りをしますが、更に深夜に近い時間、神が私たちの元に降りてきて下さるので、その時間に自ら祈る人も多いですが、ラマダン月にはそのお祈りをする機会を普段より更に多く取る人が多く見られます。

一回の礼拝で1ポイントが百倍になる月だからでしょう。

 


喜捨 ザカートは決まりがあって、成人男女にならないと支払うことが出来ません。

また、いくら収益を持っても経費が多くかかるなど生活困窮者は支払うことが出来ません。

財産がある人は自分の財産、所持金、金、土地などを特別な計算法を用いて計算して、それで算出された金額をイスラム圏の生活困窮者などに支払われます。

モスクに寄付などは出来ません。

 


善行 サダカ

 


イスラム教徒は笑顔でいることが義務となります。そして笑顔を他人に与えることもサダカとなります。道に落ちてるゴミを拾うこともサダカ、募金をするのもサダカです。

 


ラマダン月にしてはいけないこと

 


悪口、ゴシップ、噂話

これもサウム(斎戒)の一つなのですが

イスラム教ではこれは絶対にやってはいけないと言われている行為なのですが、人はついついやってしまうもので、この月は特に気をつけなければなりません。それから他人の話を遮ってはいけない。

人が話していたら最後まで聞き、それが終わったら話すことがイスラムでは基本なのですが、日本人から、出来ない人多いですよね。

ここも、サウムとして気をつけてやらないといけないことです。

 


夜明けから日没までの性行為

唇同士のキスももちろん、自慰もダメです。

苦笑

 

友達がイスラムに興味を持ってくれたなんて、本当に喜ばしいことです。

 

もしかして、もしかすると?笑

 

イスラムでは勧誘行為を感じていますから、嫁はもちろん一度たりとも勧誘したことはありません。

 

全てはアッラーの導きのままに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルアーン をガーナに送ろうプロジェクト

アッサラームアライクム

ガーナのニュータウンという小さな村でクルアーン を勉強する子供たち。

こちらの先生がクルアーン が足りない、送って欲しいとSNSで呼びかけ、私たち、One-Nationひとつも賛同することにしました。

ひとつ

 

ご協力、ご賛同いただけます方はinfo@sunsteed.netまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

 

f:id:iamamuslima:20180609012301p:image

 

f:id:iamamuslima:20180609012305j:image

 

具体的に何をしたらご賛同かというと

ご自宅に余分なアラビア語クルアーンがありましたらそちらを寄付して頂きたい。

 

また、なにぶん一冊が重たい本ですから、ガーナへの送料を寄付して頂きたいのです。

 

クルアーン は持っていないけど寄付は出来るわという方、ありがとうございます。

その寄付が多く集まれば販売されているクルアーン を購入する事が出来ます。

アラビア語クルアーン 、今日、寄付して貰えるシスターが購入したサイトを見ましたら一冊3250円でそこに送料が発生します。モスクでも一冊3.500円で販売されていました。

日本語のクルアーン は無理配布されていますがアラビア語のものは販売なのだそうです。

 

 

日本在住でないけれど参加して下さるという方はもし、可能であればご自身の滞在している国で同じようにプロジェクトを立ち上げて頂きたいです。

 

モスクやイスラム教国家の各大使館にクルアーン を寄付して貰えないか聞いて貰いたい。

その土地のイスラム教の方に寄付をお願いして貰いたい。

そして寄付を集めて貰い、クルアーン が貰えなかったら集まった寄付金で購入して、ガーナのニュータウンへ送って頂きたいのです。

 

ご連絡頂けたら送り先をお知らせします。

 

あなたが寄付したクルアーン はその土地の子供たちに引き継がれあなたが亡くなったあとも読み続けて貰えるかもしれない。

 

だってね、アフリカてたくさん子供が生まれていく土地です。

 

田舎で本屋さんがない土地ですから、そこに生まれるイスラム教の子供たちのために多くのクルアーン が必要なんです。

 

もしかしたら大人も欲しくても持っていない人もいるかもしれませんよね?

 

そう考えると何冊あったって良いと思いませんか?

 

どれくらい集まるかはアッラーがご承知のことでしょう。

 

ものすごいハサナの大きなプロジェクトです。

どうか他人事と思わず、もしも興味をお持ち頂けたらあなたがまず参加して下さい。

 

余分なクルアーン はないし、寄付するお金もないと仰っるならどうぞ、この記事をシェアして下さい。

 

あなたの出来ることを一緒にやっていきましょう。

 

情けは人のためならず

 

このプロジェクトは誰のためでなく、アッラーのため、イスラムを学ぶ子供たちのためです。

だから結果自分のためのこととなるのです。

 

如何なることも種をまいたなら収穫するのは自分ですからね。

 

聖なるラマダン月に行うザカートとして、またはサダカ、善行の一つとして

 

このプロジェクトを考えていただけましたら幸いです。