うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

アラブのインテリア

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!という意味の祈りの言葉。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さるあなた様に平安がありますように。

 

来週お引っ越しの我が家

 

新しいお家のために家具を買い換えるとかは出来そうにないから

今あるものをどう使おうか、どこの部屋に何を置こうかと考えながらインテリア特集を貪り読んでいる嫁です。

 

 

嫁は元々、イスラム教徒に帰依する以前は占いをしていました。

風水も得意分野でしたから、ついつい家具を置く場所や鬼門とか見てしまうわけです。

風水は占いではなくて元々は学問なんですよね。

 

風水が生まれた中国では環境を整える学問として風水がありました。

私も風水、アメリカンチャイニーズの師について基礎を学びましたが、占いではなくて環境アセスメントとして学びました。

 

環境アセスメントとは環境的な何かを計画するとき、都市や建物や住居とかね

その際に最適な場所と環境、方位などを調べる学問、ただ調べるのではなく解答のある学問ですね。

 

例えば24時間365日火を絶やさない釜作りたいとしましょう。

 

そのときに水気の多い土地に作っては湿気でうまくいかない

火の多いところに作ればよく燃えるけれども

ちょっと設定が間違えば釜の外まで燃えて火事になるかもしれない。

そこに作るものや設定するものに最適な場所となる環境を見つける、そして対策

例えばその水気の多いところなら湿気ないように風を送る装置を用意したり土で水気を吸い取る設備を作るとか、火気の多いところに釜を作るなら金とか銀とか銅とかで火を生かしながら増長させない物をつかって基礎や建物などを作るとかを考えている学問なんですね。

 

私は学問と思っているけれど、イスラムの定義ではどうなるのだろう?占いなのだろうか?

 

イスラムでは占い、魔術はイスラムでは絶対禁止です。

 

さて、アラブのインテリア

 

うちのイケメンと暮らし始めて驚いたことがありました。

 

それは

 

全ての家具の配置がね

 

お互いがどこにいても背を向けない配置なのです。

 

 

例えば机

 

私は壁に机をつけてそこにコンピューターを置いて作業してきました。

 

イケメン、机を部屋の真ん中に置き

壁を背にして配置します。

 

テーブルの配置も

お互いがどこにいても背中を向けないように

設定します。

 

キッチンは最初に彼が選んだ家は対面式キッチン、つまりリビングに向かって家事が出来る家でした。

 

今の家と次の新居は壁に向かうキッチンだけれど

 

今の家も私がキッチンで立ち仕事をしているときはうちのイケメンは私が左側を見たら目に入るようにコの字型の机を買って私の横顔が見られるようにしてあります。

 

お互いどこにいてもお互いに背を向けない家具の配置なのです。

 

 

これはうちのイケメンのこだわりなんだとずっと思っていました。

 

 

先週、用事があってカタール大使館に行きました。

 

そこである方の個室に通されとき

 

その方のお部屋もコの字の大きな机があり、部屋の真ん中を向くように置いてある

 

来客様の椅子は机に向かって正面向きに並び

 

その机の横にあるソファーも全て部屋の真ん中を向くように配置されていました。

 

確かイラク大使館の個室もそうだった

でもあれは大使館だからドアのほう、内側に向かって机が置いてある(社長室のように)のだと思っていたのだけれど

 

多分アラブの文化は壁に向かって座るような

 

誰かに背を向けるようなインテリアはないのではないかと思いました。

 

 

今月会社は決算期なので大忙しなのに

なんで今月引っ越しなのかなと忙しくて笑っている毎日です。