読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちのイケメン

イスラム教徒アラブ人夫との日常をなんとなく書いているブログです。

ニカーフ

アッサラーム アライクムとは

アラビア語の挨拶で、その声をかけた相手の方に平安がありますように!と祈り。

挨拶として声をかけた相手の方のことを祈ること。

このブログをお読み下さる方に平安がありますように。

 

今日はうちのイケメンが日本に住んで一番親しくしている方のニカーフ(結婚の儀式)でした。

 

 

ニカーフについての詳しい文章は↓

http://www.ahmadiyya-islam.org/jp/論説/イスラーム法に基づいての結婚式/

 

イスラームでは婚前交渉、男女交際を許していません。

 

 

男性も女性も結婚するまで、清い心と身体を護る

 

アラブ諸国へ行けば全てのことが男女別々が基本

 

学校も、乗り物も、レストランも

 

男性は女性を見てはいけないし、女性は男性に見られないよう顔と手以外は隠している。

メイクアップやアクセサリーは外では禁止

 

自宅で血縁ある家族の前では大丈夫

 

いまの日本ではえーー!て言われてしまう習慣かもしれませんね。

 

 

私も最初は頭にスカーフをかぶるのがイヤでした。

 

信仰として隠さなきゃいけないのは理解していました。

 

それでもヤダと思ったのですよ。

 

 

何故なら

 

日本だと逆に目立つから 笑

 

電車とか乗っていて、隣が空いていても

私の側に座る人は殆どいません。

 

レストランとかで「はっ!」としたお顔をされます。

 

 

でもうちのイケメン曰く

スカーフをかぶることは、イスラム教徒としての義務であることが第一だけれど

彼にとって、こんな私でも世界一美しく尊い彼の一番の宝物だから、自分以外の男子に一瞬でも見られることもイヤだ!イヤだ、イヤだ!

と可愛いことを申すので仕方なくね、最初はつけ始めました。

 

つけ始めた頃は案の定

逆に目立って、アフリカ系とかね、不良外国人にナンパされる日が続いたけれど、最近は目を合わせなければ声をかけられることはないことがわかり下を向いて歩くことにしております。

 

 

外では気配を消し、家では夫のためだけに、うーんと美しくメイクアップしてヘアーセットして、「うーん、なんか毎日がロマンティック」なのですよ。

 

 

 

 今日の結婚儀式、ニカーフに参加して、今日この人たちが神様の元に結ばれるのか!と想像したら涙が出てしまいました。

 

イスラム教徒になってから結婚というものへの概念が綺麗に書き換えられました。

 

 奥様となられた彼女は韓国在住のパレスティナ人で、夫の友人に出会うまで、勿論恋もしたこともなく、お付き合いしたこともなかったそうです。

 

 

「私は彼に会うために生まれてきました。」

 

グッときました!

 

 

彼女もそうだけど、仲良しのシリア人のシスターたちもそう言ってお見合いで知り合ったご主人を何よりも愛しています。

 

 

そして、アラブ人の結婚の話を聞くとね、結婚生活というか日常がロマンティックに溢れているのです。

 

 

 

イスラム教徒は世界中にいます。

 

 

だからイスラム教徒である以前に各々の国の文化が最初に身体に組み込まれているのだと思うときもあります。

 

生まれながらにイスラム教徒でも配偶者を大切にしないような人もいます。

 

アジアではイスラム教徒であっても結婚前に男女交際する文化の国もあるみたいです。

 

イスラム教の発祥の地はアラブ。

 

世界中にイスラム教が広がっても各々の言葉ではなく、全世界のイスラム教徒がアラビア語で祈り、アラビア語を学習し、アラビア語コーランを読んできました。

 

だから信仰の仕方や生き方をアラブ人に習えとも言われているそうです。

 

私は現在、短編小説を書いていて、

タイトルは「ムスリムの花嫁」というもの

 

これはイスラム教徒と結婚した人たちのラブストーリーをノンフィクションな始まりと基礎からフィクションのラブストーリーにして書いているものです。

 

これから

イスラム教徒と結婚」という検索ワードも増えていきそうだから役に立ちたいと考えて書き始めました。

 

 

もしね、どなたか、イスラム教徒と結婚しようと思って私のこのブログにたどり着いたとして、

何かお悩みがあるなら遠慮なく、直接メッセージください。

 

 

あとね、

結婚前に男女の仲になろうとするイスラム教徒とは結婚しないほうがいいですよ。

 

いや、違う

 

その相手の方をイスラム教徒として見ないでください。

 

彼があなたを大切に思うなら、そして彼がムスリムならば最初が結婚なのです。

 

何はさておき。

 

 

f:id:iamamuslima:20170331215111j:image

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする